Subscribe Our Mail Magazine

なぜBMSメソッドが必要なのか?

なぜBMSメソッドが必要なのか?

知識創造時代の今、集まった情報から、新たな気づき、新たなビジネスモデルのコンセプトを産み出す必要があります。

今、パワフルなメソッドがいくつも世に提供され始めています。
フューチャーマッピングやビジネスモデル・ジェネレーションなどがその代表です。

生み出されたアイディア、ビジネスモデルは人や組織に理解を求め、協働する為に「企画提案書」にまとめる必要があります。しかし、実践的で短時間で人がすぐに理解を示し、行動したくなる「企画提案書」の書き方はあまり提供されていません。

肝心なのは中身で、どこにも観たことがない、ユニークなコンセプト、ビジネスモデルです。それが何十枚ものパワーポイントの資料になって、作成する日数、手戻りの回数、経営幹部、投資家に手渡しても、修正や補完の為の突き返し・・・。そんな事が重なれば、これでいこう!という熱意も冷めてしまいます。時期を逸し、その企画は世に出ない事になるでしょう。

組織は、細切れで社員は孤立化し、業務の効率が求められ、息をつく暇も無いのに、

「新しいビジネス企画を出せ!」
「イノベーションだ!」

と、経営者からの要望が降ってきます。ない時間を工面して、手探りで考えたビジネスモデル。必死に書く企画提案書。なのに手戻りは多い。資料作りで疲弊する。

そんな状況を打破する方法があります。

誰よりも早く、ユニークなコンセプトを出現させる。
誰よりも早く、ビジネスモデルをデザインする。
そして、誰よりも早く、生き残る企画提案書にまとめる。

私たちが使うのは、A3のテンプレート”たった4枚”です。もし、問い合わせが集まるパンフレットを企画するならA4の両面が加わります。

まとまった時間1日あれば、ユニークでみんなが参加できるビジネスモデルの企画提案書が描けるのです。

その企画提案書は、却下されることがとても少ないのが特徴です。

少し書き直す、追補する要望が出るくらいで、一度読んだ人は、検討を始める。検討に参加してくれるようになります。

数千万円、数億円の投資案件も、
何十人もの人事案件も

たった一枚の企画提案書で動き始めるとしたらどおでしょう?
何十枚ものパワーポイントを創ることから解放され,考えること、アイディアをより良くすることに時間を割けるとしたらどおでしょう?

あなたの優れたユニークなアイディアをスピーディにビジネスモデルにデザインし一枚の企画提案書にまとめる。私たちは、そんなお手伝いをします。

一枚の企画提案書を持って、経営幹部に提案に行って下さい。

新しい道が開けますよ。